ニート生活

ニートでお金を稼ぎたいのなら時間で勝負しろ

この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。

ジョン
ジョン
(´・ω・`)やあ
ジョン
ジョン
ニートだけどお金を稼ぎたい。よくある願望だよね。
ジョン
ジョン
俺もそーなの♡
ジョン
ジョン
しかし現実世界ではスキルも資格/実績も名声も何もない人がいきなり楽してお金を稼げることは、まずないんだ
ジョン
ジョン
っというか、ゲームでもそうだよね。ゲームはじめたばかりの初心者って上級者からみたらやること効率が悪すぎてイライラするよね。
ジョン
ジョン
現実世界もそこら辺はゲームと同じで、何もない人は何を初めても後手に回ってしまうのが普通なんだ。
ジョン
ジョン
んじゃどうすればいいかって? ニートなら24時間体制で稼働できる時間を使って追い抜いてやればいいんだ
ジョン
ジョン
ニートが社会人に勝てる唯一の長所、それは時間の余裕。
ジョン
ジョン
社会人は平日にはおよそ4~5時間程度しか時間の余裕は見いだせないだろう。それに対してニートは24時間ほぼすべてが使い放題だこんちきしょーめ。
ジョン
ジョン
今回はそのニートが社会人に勝てる唯一の武器、時間を使ってどうお金に繋げるのかの話をしたいと思うよ。

 

勝てるマインドセット

 

貧者に与えられた時間という唯一絶対の武器

 

ジョン
ジョン
先ほどのゲームの話でもわかるように、ゲームとは基本的にやり込んだ人の方が強い
ジョン
ジョン
学問に至っても同じ。っというかやり込んだ人の方が有利なのはどの界隈でも共通している。
ジョン
ジョン
となれば24時間全ての時間が使えるニートは必然的に最強さいつよの環境が整っているともいえる。社会人はいつだって時間が天敵だからな。
ジョン
ジョン
社会人の人がわずかな時間を見つけて資格をとったり副業をする一方、ニートは資格にも副業にも全ての時間を使える。
ジョン
ジョン
故に無職ノービスたるニートは、逆を言えば何でもできる位置にいることになる。遊び人はやはり経験を積めば賢者に転職できる。
ジョン
ジョン
もちろん、二十歳過ぎてからスポーツ初めてプロスポーツ選手になるとかは無理だぞ! 英才教育相手には勝てないので注意しよう

ゲーム感覚でいい

 

ジョン
ジョン
嫌々ながら働く必要はない
ジョン
ジョン
というのも、嫌々ながら働けば当然、その仕事に対するパフォーマンスは落ちるからだ。
ジョン
ジョン
嫌々ながら働かないためには、仕事をゲーム感覚でとらえていくのが一番だ。
ジョン
ジョン
ゲーム感覚…、となればそれもまたニートの得意分野だ。
ジョン
ジョン
これもまた社会人には理解できないことかもしれない。 いやまぁ、仕事が楽しい充実した社会人生活を送っている人ならむしろわかってくれるとは思う。
ジョン
ジョン
もちろん、ゲーム感覚といっても辛いことはおこる。でもそれもゲームをやってるのと同じだよね?
ジョン
ジョン
ゲームオーバーにならないゲームなんて誰も楽しくないのと一緒で、ミスがあるからこそ成功する喜びがある。ミスをして悔しいというのは、成功をして嬉しいの裏返しだ。
ジョン
ジョン
ゲームでミスをしたらすぐに止めてしまうか? いやいや、ゲーマーならそんなことはしない。ミスをしたら成功するまで再挑戦するだけだ
ジョン
ジョン
嫌々ながら仕事している人は、いつの間にかこんな簡単な事すら忘れてしまう。っというか、今の自分の仕事とかけ離れ過ぎて都市伝説になっちゃってるんだろうね。

 

やり込む

 

ジョン
ジョン
なんといっても成功にとって大事なのは、時間も熱意も注ぎこんでしまう事
ジョン
ジョン
ただ漠然と時間を費やせばいいだけでなく、とにかく仕事に打ち込む。寝ても覚めても仕事のことばかり考えてしまうのが理想だ。
ジョン
ジョン
もちろん、人はそんな簡単に夢中にはなれない。でもこれも実はゲームと同じ
ジョン
ジョン
例えば俺は、後に1日12時間のペースで3~4年もプレイすることになったMMORPG、World of WarCraftを始めたばかりの頃は、実は1日30分程度しかプレイしてなかった。
ジョン
ジョン
しかも最初に2~3日で1時間程度やっただけで、その後に2週間ほど放置したこともあった。
ジョン
ジョン
理由は単純で、「何をすればいいかわからなかったから」。
ジョン
ジョン
ゲームですらやり方がわからなければハマることはできない。やり方を覚える、何をすればいいのかを理解するという学習は、夢中になるための最優先事項だ
ジョン
ジョン
成功した時の未来が明るい、何をすればいいかが明白である、決して不可能な課題ではない
ジョン
ジョン
これらが出そろった時、仕事だろうと熱中でき、やり込み、気づいたときにはそれで飯が食えるようになっても仕事のことばかり考える人間になっているだろう。
ジョン
ジョン
何かをやり込みたい、夢中になりたいと思うのならばこそ、先ずはやり方を学ぶべきだ。

甘えられるなら親に甘えていい

 

ジョン
ジョン
よく社会人が、「親の金で働かずに食える飯は上手いですか?」なんて嫌味を言う事がある。
ジョン
ジョン
断言しよう。一家団欒で迎える食事はおいしいぞ。
ジョン
ジョン
また、親に迷惑をかけていることを恥じるという風潮もあるが、それについても早合点しないでほしい。
ジョン
ジョン
これは『今でしょ?』で有名となった林修先生が、高学歴ニートに授業をする番組で述べていたことなのだが…
ジョン
ジョン
林修先生は、親というのは世の中は平等だなんだといいながら、結局は自分の子供が少しでも社会で有利になるように贔屓したくなるものだ。と述べている。
ジョン
ジョン
親が甘やかしてくれるのなら、それに甘えるのは決して悪い事ではない。
ジョン
ジョン
故に、親の寵愛ちょうあいによって与えられている時間の余裕をふんだんに使って、自分のやれることに集中するのはむしろ道理が通っていることなんだ。
ジョン
ジョン
そもそも、親に迷惑かけるなって言ってるお前、誰だよ?他人のくせに人の家庭の事情に首突っ込んでんじゃねーぞ。

 

僕らに才能は必要ない

 

ジョン
ジョン
時間があるのだから、才能が無くても時間と熱意で勝負すればいい
ジョン
ジョン
時間は最初からあるし、熱意も先ほどいったように、勝ちパターンを見つけてそれが軌道に乗れば勝手についてくる。
ジョン
ジョン
そもそも才能なんていうのは成功した人を評価している人たちが後付けで付け加えているもので、頭の悪い人の難癖だと思ってる。
ジョン
ジョン
俺自身は半分アメリカ人なのだが、別に英語だってDNAとして才能があったから覚えたわけではない。先ほども言ったMMORPG、World of Warcraftをやっていたら勝手に身に着いた英語だ。
ジョン
ジョン
人が才能だとかなんだって言ってる人に見えてないとこで努力していることに気付いてない外野は、人の努力を見てないただのご都合的な解釈デウスエクスマキナ
ジョン
ジョン
イチローだって蚊帳の外からは天才だ才能だなんて言われるが、おそらく本人が一番そういうものとは無縁だと思っているだろうよ
ジョン
ジョン
だってイチローは、野球が好きだから欠かさず努力してやり込んだ。アインシュタインも自分はただ物理が好きだからやり込んでいただけだ、と自評している。
ジョン
ジョン
才能なんてものは主観的には存在しない、客観的な後付けなのだから、自分の才能なんて最初から気にしなくていいんだよ

ニートでお金を稼ぐ手段

ジョン
ジョン
今回はあくまで俺の知っている時間と熱意を注ぎ込めてお金が稼げるものとして、アフィリエイトについて紹介する。
ジョン
ジョン
アフィカスだなんて言われて叩かれているが、それは楽してお金儲けしてると勘違いしているからネガキャンしているのだろう。
ジョン
ジョン
それでもまだアフィカスだと言うのなら是非ともアフィリエイトの実態を知ってほしい。

アフィリエイトで勝負

 

ジョン
ジョン
最初に言っておくと、決して楽して稼げる仕事ではない
ジョン
ジョン
むしろ、大抵の人は楽に稼げると勘違いして3ヶ月もせずに挫折するのが、アフィリエイトの日常だ。
ジョン
ジョン
そして3ヶ月もやってない人や、いい加減な気持ちでやってた人がアフィリエイトは稼げないと吹聴する。←ここまでがテンプレ
ジョン
ジョン
お前らなめてんだろ、これはお客さん相手にお金が発生する、立派な仕事だからな?
ジョン
ジョン
ましてや上から指示されたことだけをやってればお金が発生する肉体労働でもない。指示待ち人間では何年やっても稼げない、れっきとしたビジネスだ。
ジョン
ジョン
自分が経営者となって、商品を扱う、ネット上の小売店のオーナーになるわけなのだから、客寄せの為、そして招いた客に商品を買わせるために必死に客の思考パターンを把握するメンタリストのような仕事になる。
ジョン
ジョン
その為、常に今の世の中の需要を考え、客が喜びそうな記事を書き、客が欲しがりそうな商品を取り揃えなければならない。完全な心理ゲームともいえる
ジョン
ジョン
当然、多くの人は最初は上手くいかない。
ジョン
ジョン
3ヶ月もやり込んで報酬が100円もいかない!どうなってんじゃこらぁ!!なんてのも日常茶飯事だ
ジョン
ジョン
アフィリエイターは稼げる為にとにかく試行錯誤。人間相手に勉強と実験の繰り返しが毎日となる。
ジョン
ジョン
けど、アフィエイトが成功して軌道に乗ったら、会社勤めには味わえないような自由な生活が手に入る。
ジョン
ジョン
ノートパソコン、人によってはスマホ1本だけで仕事ができ、場所にも人間関係にも縛られず、時間も拘束されない。まさに自由だ。
ジョン
ジョン
アフィリエイトは軌道に乗せるまでこそが至難の業で、多くの人は1000円も稼げずに挫折する。
ジョン
ジョン
しかしだからこそ、時間にも熱意にも暇があるニートにこそ、アフィリエイトは天職ともいえるわけだ

 

農業と同じ、1日2日では結果が出ない

 

ジョン
ジョン
アフィエイトは1日2日では成果が出ない。早くても3ヶ月は全く動きがない。
ジョン
ジョン
というのも、記事を書いてそこからお客さんを招いて、商品へと誘導するのだが、そもそも記事が検索エンジンに乗りはじめるのは、およそ3ヶ月後と言われているからだ
ジョン
ジョン
なので記事を書いても検索してくれる人が居ないので客足はなし≒誰も商品を買ってくれない。ということになる。
ジョン
ジョン
アフィリエイトはよく、農業に近いと言われている。すぐには収益にはならないからだ。
ジョン
ジョン
農業だって、最初は農業の勉強をして知識を身に着け、畑を選び、種や苗を植え、雨が来ても雪が降っても台風が来ても負けずに毎日育てて、最後まで生き残った良質の作物だけが商品となり出荷されて初めて利益になる。
ジョン
ジョン
アフィリエイトだって同じだ。需要のある話題を見つけて、お客さんが納得できる情報を載せた記事を書くために勉強、良質な記事だと検索エンジンに認められ、お客さんの目に届きやすくなり、最後に納得してくれたお客さんが商品を買ってくれてはじめて収益になる。
ジョン
ジョン
農業もアフィリエイトも、今日明日で成果が出るような単純なプロセスにはなっていない
ジョン
ジョン
しかしだからこそ、やり込んだ人は報われると言えるのだ
ジョン
ジョン
多くの人は、すぐに収益が出ないから諦めてしまう人がいるからだ。つまりやり込める人からすれば、実は競争相手は有象無象だらけなのだ。
ジョン
ジョン
アフィリエイトマーケティング協会調べによると、月1万円も稼げない人は2018年でおよそ半数以上と言われている。
ジョン
ジョン
その一方で、アフィリエイトを初めて1年未満の人はおよそ40%、1日にアフィリエイト活動にかける時間が3時間以内の人は70%も存在しているという。
ジョン
ジョン
1日12時間を1年続けられてやっと1万円手に入るという都市伝説すら存在するアフィリエイト業界で、仮にも1日3時間もやってなくて運営開始から1年も経っていないのなら、月1万円すら稼げないのは当然だろうに
ジョン
ジョン
しかしその一方、月100万円以上稼げる人も増加傾向にある。
ジョン
ジョン
この統計が導き出す結論はつまり、1年以上夢中になってやり込んだ人だけしか大成しないのがアフィリエイト業界の実態だということになる
ジョン
ジョン
だからこそ、先ほどの勝てるマインドセットで要件を満たせたニートは、アフィリエイトという土俵では強いに決まってるのだ。

 

10年後に笑うのは我々だ

 

ジョン
ジョン
アフィリエイトはオワコンだのブログはオワコンだの、アフィリエイトは年々新規参入が増えて競争が激しくなってるからもう新規参入しても居場所がないなど言われている。
ジョン
ジョン
しかし先ほどのアフィリエイトマーケティング協会の調査からもわかるように、参入者が増えれば必然的に市場も活発化していく側面もあり、今まで掘られなかった新しい金が掘られるようになっているだけだ。
ジョン
ジョン
つまり、いわゆるレッドオーシャンといわれる分野で勝負しなければいいだけ。ブルーオーシャンを見つけていくアフィリエイトビジネスはむしろこれからどんどん発展していく。
ジョン
ジョン
その一方、既存のビジネスモデルの方が安泰だという考えに俺は懐疑的だ
ジョン
ジョン
例えば小売店。
ジョン
ジョン
俺はゲームが好きだから昔はゲームショップに行ってはゲームを物色したもんだが、今はダウンロード販売が主流になっている。
ジョン
ジョン
また、欲しい本なんかも一々本屋で探すのは面倒なので、通販で購入している。余計な足を使わない分、車のガソリン代も浮くし何よりも無駄な時間を使わなくなる。
ジョン
ジョン
これは俺だけの考えではないだろう。どう考えても、客が店に足を運んで商品を買うビジネススタイルの方が縮小していっている
ジョン
ジョン
大手の会社も自分の商品をアフィリエイト販売に取り扱わせることも多くなった。まともな企業はもう小売店販売を見限っているはずだ
ジョン
ジョン
また、今会社勤めしている人が10年後20年後も安泰だと思い込んでいるのも不思議でならない。
ジョン
ジョン
終身雇用制が神話となり、日本の大手企業が海外へ買収され中小企業が倒産一歩手前の低空飛行をしつつ社員をブラックな労働環境で酷使しているご時世。
ジョン
ジョン
何故自分も会社も10年後も20年後も安泰していると考えられるのだろうか。
ジョン
ジョン
10年後が心配なのは、ニートだけでなくどの社会人だって同じだ。働いてることは将来安泰の証明にはならない
ジョン
ジョン
むしろ、何もないが故にどんな社会にも適応できるニートの方が、10年後に備えて生き残れるポテンシャルを秘めてるんじゃないかな。
ジョン
ジョン
アフィリエイトとかのようにね。

終わりのコラム:ニートはかつては余裕の証だった

 

ジョン
ジョン
古代の中国が大国として発展した背景には、豊か過ぎて暇だったのがあると言われている。
ジョン
ジョン
生活に必要な資源に恵まれた古代中国では、農家でも人手があまり、働く必要のなかった人々は暇つぶしに勉学に励んだと言われている。
ジョン
ジョン
そうやって生活に余裕があった家庭で勉学に励む余裕があった人が知識を身に着け、有用な知識を社会の発展へと役立てたため、古代中国は世界最高峰の文明へと発展したと言われている。
ジョン
ジョン
もしかしたら日本のニートも、勉学に励むほど暇になった者の中から大成する者が現れ、その人が日本を変えてしまうほどの貢献をするのも、あり得るのかもね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です