スターシチズン

【Ver3.5対応】現在のスターシチズンの主要4惑星の説明

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

ジョン
ジョン
前回の記事にて、ある程度このゲームを始める為に必要な基礎知識は身に着けたと思うので、お次は現段階における主要な惑星及び街の説明をしたい。
ジョン
ジョン
Port Olisarポート オリサー周辺をうろついてクエストをこなすだけじゃやっぱし生ぬるい!
ジョン
ジョン
そんなわけで、現行のバージョンで遊びに行く価値がある惑星及びその街の紹介をしていこうと思う。

Crusader

ジョン
ジョン
まずはプレイヤーが最初に踏み出す場所を中心に解説
ジョン
ジョン
惑星CrusaderはStanton系第二惑星で、プレイヤーが最初にログインしたときに降り立つことになる宇宙ステーションからも良く見える。
ジョン
ジョン
この惑星は大地というものが存在しない、木星のようなガス状の惑星であり、この惑星の中に作られた都市も、スターウォーズのクラウドシティよろしく空中浮揚している状態での都市となっている。
ジョン
ジョン
この浮揚都市「Orison」は現在ではまだ実装はされてないが、2019年の冬頃には実装される予定だ。

 

Port Olisar

 

 

 

ジョン
ジョン
現行の仕様で、プレイヤーが一番先に降り立つ場所、それがこのPort Olisarだ。
ジョン
ジョン
見ての通り、惑星Crusaderを軸にした宇宙ステーションで、プレイヤー達が最初に降り立つ場所だけあって、それなりには人気ひとけが多い。
ジョン
ジョン
また、この宇宙ステーションはそれなりの売買や交易も可能で、この宇宙ステーションを中心に活動しても何ら問題はない。
ジョン
ジョン
プレイヤーの多くは、この宇宙ステーションの中心にあるターミナルから自分の乗り物を呼び出し、この広大な宇宙を旅することになる。

 

 

 

Yela

 

 

ジョン
ジョン
YelaイエラはCrusaderの衛星の一つで、地球でいうところの月みたいな存在となっている。
ジョン
ジョン
地表には酸素がないため、うかつに宇宙服に身を包まずに出ていくと真空による酸欠と凍結で即死確定なので要注意だ
ジョン
ジョン
この惑星の見た目は、写真を見てもわかるように土星みたいなを有している。
ジョン
ジョン
この環の中には、Grim Hexグリム ヘックスという、隕石の中に作られた小規模な街が存在する。
ジョン
ジョン
もとはと言えば国が運営する労働者向けの居住区だったのだが、破棄され、その後に犯罪者達が不法に占拠することになったという設定の悪名高い土地だ。
ジョン
ジョン
とは言っても、現行の仕様ではUOのフェルッカのバッカニアーズデンよろしくPKされても泣き寝入りなんていう街ではなく、他の都市と同様、街の中と周辺は発砲禁止区域となっており、攻撃はできないので安心してほしい
ジョン
ジョン
このGrim Hexは元居住区とだけあってここでログアウトすると次回ログインしたときや、死亡した場合はここでリスポンすることになる
ジョン
ジョン
ちなみにPort Olisarや別の場所で復活したい場合は普通に別の場所で降りたって、ログアウトすればいいだけだ。
アウトローの住み家という設定だけあって、街の中はいささか薄暗く、陰鬱とした雰囲気をかもしだしている。

 

 

ジョン
ジョン
余談だが、Yelaのどこかにはアウトローご用達の麻薬を生成しているJumpTownジャンプ タウンと呼ばれる研究所があり、そこから購入した麻薬は高値で売れるという。
ジョン
ジョン
しかし麻薬は時間ごとに買える量が限定されている≒数量限定のため、アウトロー系の貿易プレイヤー達は日夜、相手の物資を奪ってでも麻薬貿易を行っているという。

 

 

 

 

Cellin

 

 

 

ジョン
ジョン
CellinセリンはYelaと同じく、Crusaderの衛星の1つだ。
ジョン
ジョン
Yelaと比べても、プレイヤーが宿泊や買い物ができる建物があるわけでもなく、JumpTownのような麻薬貿易ができる場所も確認されていないので、そこまでの人気はない。
天使
天使
だとしたらここには何の魅力があるというのでしょうか?
ジョン
ジョン
CellinにはKareahカレーアという宇宙ステーションが存在していることだ。
ジョン
ジョン
この宇宙ステーションは惑星Crusader周辺を警備しているセキュリティガードが所有するステーションで、犯罪者のデータが保管されているという設定だ。
ジョン
ジョン
つまり、この宇宙ステーションのターミナルをハッキングすれば、自分の首にかかった犯罪係数が落とせるというわけだ。
ジョン
ジョン
犯罪係数が一定まで上がってしまい、困っている人はこの宇宙ステーションに潜入して犯罪レートを落すことで解決ができる。
ジョン
ジョン
なお、ここには武装したNPCが存在するので注意だ。現状のNPCのAIはガバガバでスターウォーズのB1バトルドロイドよりもはるかに頭が弱いが、それでも侵入者を見つけて次第、一応は発砲してくるぞ。
この宇宙ステーションの中心にある大きなセキュリティターミナルをFキーでインタラクトすれば、犯罪レートの低下処理を行える。

 

Delamar

ジョン
ジョン
惑星Delamarは本来、NYX系の惑星であり、Stanton系の惑星ではない。
ジョン
ジョン
今現在Stanton系に置かれてはいるが、おそらくは正式リリースまたはNYX系ができあがったら、Stanton系からは消える惑星だろう。
ジョン
ジョン
この惑星の最大の特徴は、Levskiという街があることだ。

Levski

ジョン
ジョン
Levskiは大きなクレーターを囲うようにつくられた街だ。
ジョン
ジョン
街の中には武器や防具、船舶のパーツはもちろん、船舶そのものまでゲーム内通貨で販売している
天使
天使
船舶そのものが販売してるんですか?
ジョン
ジョン
あぁそうだ。船舶だけでなく、地上用のビークルも販売している。
ジョン
ジョン
船舶自体は最低でも20万UEC以上、Cutlass Drakeは約160万UECで販売しており、1つのクエストで6,000~8,000UEC程度の給与だと考えると最安値の船舶でも25回はクリアしつづけないといけないから、決して楽な話ではないが、普通にゲーム内で買うのは無理な話ではないというのは、うれしい。
ジョン
ジョン
一方で地上用のビークルは船舶と比べると格安で、一番高くても7万5千UEC程度、3万UECもあれば車が1つ買えるのでこちらの方は簡単に手が届く。
ジョン
ジョン
とはいえ、現状では武装した地上ビークルはゲーム内では販売されていないので、本当に地上を移動する目的の代物しか買えないからだともいえるが。
Levskiの街で最大の市場であるGrand Barter。ここで買える品物の大半はここにある。

 

Levskiのランディングパッドへとつながるエレベーターの近くに、Teach’s Shop行のエレベーターがある。ここではAuroraやCutlass Drake,Prospectorといった船舶からCycloneやGraycatといった地上用の乗り物も販売している。

 

ジョン
ジョン
余談だが、Levskiにはある人物を石像とした記念碑があるのだが、この記念碑には「Remember Anthony Tanaka」と記されている。
天使
天使
田中アンソニーさんって誰ですか?
ジョン
ジョン
知るかよ。
田中アンソニーを忘れるな!

 

このLevskiという街ではかつて、田中アンソニーという少年の労働者が週6日、1日16時間もの作業命令を拒否した結果、処刑されたそうです。

その明らかな労働者に対する酷使と虐待が原因となってLevskiでは労働者の反乱が起き、現在へとつながっているという背景があるのだそうです。

 

Hurston

ジョン
ジョン
惑星HurstonハーストンはStanton系の第1惑星であり、Crusaderと違って地表に降り立つ、地球のような惑星だ。
ジョン
ジョン
この惑星は殺風景極まりない土とばかりで、いささか荒廃した世界観のようで寂しい。
ジョン
ジョン
この惑星にはCrusader同様、いくつかの衛星が存在しており、それらもまた鉱物資源が存在したり、交易用のポストが点在している。
ジョン
ジョン
そんな惑星Hurstonの最大の魅力は、なんといってもLorvilleという大都市だろう。おそらく多くのプレイヤーは見たこともない大都会に出会い、一度は「MMORPGでこんな大都市を再現できるのか…!」と感動することだろう。
ジョン
ジョン
ほかにも、Hurstonのいたるところには賊、または軍によって占拠された建物があり、Hurstonのクエストの中にはそれらの占拠している兵士を排除するという地上戦クエストも発生する。

Lorville

ジョン
ジョン
Lorvilleローヴィルはこの惑星の名詞ともなっているHurston一家によって建てられた都市であり、惑星Hurstonにおける中心地である。
ジョン
ジョン
おそらくこれにならぶ大都市は現行ではArcCorpにあるArea18ぐらいなもので、とにかくスケールが大きい。
ジョン
ジョン
なんといっても移動には都市内の移動手段として電車が必要なぐらいで、この電車から見渡す都市の光景も、MMORPGというよりリアルの社会人生活を彷彿させるほどだ。
天使
天使
人によっては逆に鬱になりますね、それ。
ジョン
ジョン
一方、この都市全てを歩いて移動できるというわけではなく、プレイヤーが実際に足を踏み入れられるのはごく一部の地域のみだ。
天使
天使
じゃあ8割近くの場所は、移動不可のみかけ倒しなのですか?
ジョン
ジョン
俺はそれでいいと思う。
ジョン
ジョン
正直言うと、買い物やなんだって考えると、広ければ広いほど不都合なんだよね。
ジョン
ジョン
それは実際、この都市で買い物をしてみるとわかる。何回も電車を乗り継ぐこと、新宿駅のように迷いやすい設計が、如何に不快になるかは、すぐにわかるから。

Lorvilleにある電車の動画。都会の電車らしい、リズムよく刻まれる電車の音と車窓からみる外の風景は、リアル世界の都会とあんまし見分けがつかない。

 

天使
天使
そしてこのゲームは、そういったリアルな不便性をも体験できるMMORPGなんですね…。
ジョン
ジョン
この都市でも船舶の販売が行われており、この都市での目玉商品はConstellation PheonixとあのHammerHeadだ。
ジョン
ジョン
展示されている商品は、実際に飛ばすことこそできないがそれ以外のギミックは作動するので、ConstellationシリーズやHammerHeadを買うお金はなくてもとりあえずその大きさを体感してみたいという人は、是非とも一度は訪れることをお奨めしたい!
ジョン
ジョン
Constellation PhenixおよびHammerHeadはLorvilleのランディングパッドからエレベーターを乗り、改札から右へ行った方へと展示されているぞ。
HammerHeadの大きさを改めて体感できる展示場

 

 

空からみるLorvilleの夜景は美しく、街中から見る夜景もまた、都会の夜を彷彿させる美しさがある。

 

 

ArcCorp

ジョン
ジョン
ArcCorpはStanton系の第三惑星だ。
ジョン
ジョン
こちらも惑星Hurstonのように、1つの惑星を中心とした2つの衛星を備えており、惑星には人の文明があるという状態だ。
ジョン
ジョン
しかしこの惑星の最大の魅力はなんといっても惑星そのものが1つの大都市化していることで、右を見ても左をみても高層ビルと密集した街並だらけだということだ。
上空からみても大都会!

 

ジョン
ジョン
Hurstonとは違い、一部ではなくほぼ全土が都市化しており、さながらスターウォーズのコルサントのような大都市惑星だ。
天使
天使
すごいですねこれ…。まさに誰もが夢見てた大都市ではないですか。
ジョン
ジョン
最近のゲームではウォッチドッグス然り、アサシンクリード然り、フォールアウト4然り、大都市の実現化に成功してきていて、こういった高層ビルが立ち並ぶ仮想世界も多くなってきたね。
ジョン
ジョン
仮想世界の未来はどんどん明るくなっていく一方だ。
ジョン
ジョン
あぁそれと、この惑星の高層ビルの屋上は着陸が可能で、この惑星でPvPを行う場合は、高層ビル上での市街地戦になるのもまた面白い。
天使
天使
いかにも近未来的な戦闘が発生するなんて面白そうじゃないですか!
ジョン
ジョン
この惑星の中心地はArea18と呼ばれる区域で、中央に巨大な空港があるのが特徴だ。
上空からみると非常に平べったいこの場所がプレイヤーが離着陸できる空港となる。

 

 

Area18

 

ジョン
ジョン
この惑星の中心地はArea18と呼ばれる区域で、中央に巨大な空港があるのが特徴だ。
ジョン
ジョン
Lorville同様、とにかく大都会といった感じで、歩いているだけでも非常に楽しかった。
天使
天使
旅行客並の感想ですね。
ジョン
ジョン
実際、初めてArea18に降り立った時は、本当にアメリカ旅行をしたような気分だったぞ!
Area18の空港で撮った1枚。筆者がアメリカの空港で感じた雰囲気とよく似ていた。

 

ジョン
ジョン
空港から商店街へはシャトルバスが出ているので、それに乗って商店街へと向かう。
ジョン
ジョン
これもまたLorvilleの電車とは違うスペクタクルなもので、空飛ぶシャトルバスがビルとビルの谷間を飛び、人が歩いている橋の上や下をくぐっていくので、まるでディズニーランドのアトラクションにでも乗っている気分だった

Area18にあるシャトルバスの動画。

ジョン
ジョン
シャトルバスを降りた先はArea18の商店街といえるPlazaで、ここでは武器、防具、船舶のパーツ、それと衣類が販売されている。
ジョン
ジョン
このPlazaの最大の魅力は、Centermassと呼ばれる建物の一角に用意された兵装専門店で、3.5.1現在で高い人気を誇るScorpion GT-215といった兵装やSize5から9の魚雷級ミサイルが売られている。
ジョン
ジョン
Centermassへアクセスするには、Plaza中央(画像にもある球体上のオブジェがある場所)にあるガラスでできた自動ドアをくぐって店内左手のエレベーターに乗ればいい。
Plaza中央の一角を占めているガラスの入り口を入って左にあるエレベーター乗ればCentermassへ行ける。

 

 

ジョン
ジョン
Area18はArcCorpを中心とした活動をするときの拠点となる場所で、大都市化された街の雰囲気も楽しめる場所という印象だった。
ジョン
ジョン
近い将来、これをVRで楽しめる時代がくるのだろうと考えると、楽しみでしょうがない。
夜になれば今度はネオンが輝く妖艶な街へと変貌、新宿や横浜の夜を彷彿させるような街並みになった。

 

日本人の方が紹介するArea18のツアー動画。

 

Area18の様子を航空機から紹介している動画。海外旅行で夜中に都会の空港に着いたことがある人なら、一度は目にしたことがあるかもしれない光景ばかりだ。

 

終わり

 

ジョン
ジョン
今回の記事作成の為にプレイしたStar Citizenは、まるで写真家として旅行して回ったような気分がしてとても楽しかった。
天使
天使
え?リアルでは家から一歩も出てないのに、何が旅行気分だったんですか?
ジョン
ジョン
いや本当に旅行気分だったんだよ!
ジョン
ジョン
このゲームはそれだけ惑星や都市には魅力がある。アサシンクリードのように街を歩き回る楽しさってのがあるんだよ!
天使
天使
でも確かに、このゲームは移動の不便さが逆にリアルっぽくて、それでいて街の作り込みは細かいので、本当に現実世界の旅行や冒険と変わりなかったですね。
ジョン
ジョン
そういう意味でも、本当にこのゲームは凄いと思うよ。ここまで街中を歩いてて楽しかったMMORPGは見たことがなかったぐらいだもん。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です