NEW WORLD

【NEW WORLD】槍装備についての解説および用法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

New Worldの武器の解説

今回はスピアについて。

用法について

基本的な解説

 

武器名:Spear/スピア/槍

種類:両手近接武器

依存するステータス:DEXメインのSTRセカンド

ダメージタイプ: Thrust(突き攻撃)

 

リーチとクラウドコントロールを活かした近接防衛

 

槍の強みは、そのリーチの長さ、

ノックダウンやスタンといった相手を無力化させるクラウドコントロールが豊富なことだ

ノックダウン系のスキルはSweepとJavelinの2つ、

スタン攻撃はVault Kickの1つがあり、かなり豊富な部類だ。

それ以外にも使用するスキルのほぼ全てに何らかのデバフ効果があり、

近接戦においてはそのリーチの長さを活かして積極的に相手の邪魔をしていく。

また、スキルの回転効率も良く、

上手くかみ合うと相手が起き上がる前にまた転ばせるといったハメも可能になる。

レイピアや両手斧といった、近接戦を積極的にしかけてくる相手にけん制をする際に向いている。

 

一方で、近接職でありながら敵に接近するスキルには乏しいので、

接近せずにあくまで遠距離で攻撃を仕掛けてくる相手には相性が悪い

リーチが長いとはいえ所詮は接近戦の間合いではの話、

相手に距離をとられてしまうと、ジャベリン程度でしか反撃できないのだ。

 

重装備との相性が望ましい

重装備になると妨害系のデバフの付与時間が20%上昇するので、

槍の妨害系スキルとの相性がすこぶる良い。

っというか、近接戦闘を行う以上は重装備にならざるを得ない。

 

あくまで別の武器がメインで、

槍は接近された時のけん制というのであれば、

重装備でなくてもいいが、

槍をメインで使うのであれば重装備が最も親和性が高い。

 

立ち位置について

 

相手に接近されている状態において、持久戦を持ち込みつつ、

相手をハメごろしにしていくのが望ましい

どちらかというと、

火力職というより盾役のポジションだ

積極的に周りに妨害攻撃をして相手に嫌われつつ、

味方の支援を当てに戦っていくスタイルだ

 

味方がいない個人戦においては、

相手に接近されてしまった際の護身用として扱うのが良い

豊富な妨害スキルで相手の身動きを奪い、

その間に距離をとったり別の火力系の武器に持ち替えて攻撃を仕掛けると良いだろう。

スキルについて

Zonerルート

 

Zonerルートは敵を妨害するスキルが豊富であり、

PvEにおける盾役やPvPにおける妨害役に向いている。

また、スタミナ管理を扱うスキルも多く、

持続的な近接防御にも向いている。

 

Javelin

いわゆる投げ槍。槍を投擲して被弾した相手に125%の武器ダメージを与える。また、被弾した相手はのけぞる。

Forceful Impact

投げ槍に被弾した相手はノックダウン状態になる。

Refreshing Precision

投げやりでヘッドショットをした場合、Javelinのクールダウンが50%減少する

Deadly Distance

投げ槍の威力が、1m飛ぶごとに2.5%上昇する(最大で100%=40m)

 

Sweep

扇状に横なぎの足払いを攻撃を行い、被弾した相手に75%の武器ダメージを与えた後にノックダウン状態にさせる(ちなみに複数に被弾する)

Tenacious Sweep

Sweep中はGRIT(スタンとルート以外の妨害効果を無効)状態となる

Coup de Grace

Sweep攻撃中に攻撃ボタンを押すことで、被弾した相手に125%の追加武器ダメージを与えることができる。(対象になるのは単体のみなので複数被弾した場合はその内の1名のみが対象になる)

Cyclone

槍を振り回し自分周辺の敵に110%の武器ダメージを与えた後に3m後ろに吹き飛ばし、ついでに移動速度50%減状態を3秒間付与させる。

Invigorating Combo

当てた回数一回につきスタミナを25ポイント回復する

Strong Momentum

Cyclone中はGRIT状態となり、スタンやルート以外の妨害系デバフを受け付けなくなる

 

その他パッシヴスキル

Deadly Consistency:ヘビーアタックを連続して同じ相手に当てた際の威力が10%アップ(重複はしない)

Deadly Reach:3m以上先の敵に攻撃を当てた際のクリティカル発生率が10%上昇する

Refreshing Reach:ヘビーアタックを成功させた際、すべての槍系のスキルのクールダウンが15%減少する

Evasive Maneuvers:攻撃を成功させた後の2秒間、バックステップの際に消費するスタミナが20%減となる

Invigorating Crits:クリティカルダメージを与えるとスタミナが20回腹する

Merciless Strength:ノックダウン中の敵に対するダメージが25%アップする

Defensive Stance:ヘビーアタックを成功させた際にFortify状態となり、2秒の間、非ダメージが15%減少する

Strong Conditioning:スタミナが50%以下になった際にスタミナ回復力が30%上昇する

Reserved Strength:スタミナが最大である状態時、攻撃力が25%上昇

 

 

Impalerルート

 

Impalerルートでは単体の敵に継続的なダメージや防御力低下のデバフが多く、

PvEにおける火力職に向いている

また、Vault KickはPvE、PvP双方において使い勝手がよく、

槍を扱う者ならなにかとお世話になる便利スキルだ。

 

Skewer

敵にとびかかり攻撃を行い、125%の武器ダメージを与えた後に、1秒ごとに武器ダメージの10%のダメージを与えるBleed状態を10秒間付与させる。

Deadly Ambush

体力が最大の敵に追加で20%(計145%)の武器ダメージを与える

Follow Through

クリティカルヒットした場合、Empower状態となり10秒の間攻撃力が20%上昇する

Deep Wound

Bleed状態が10秒から15秒になる

Perforate

各攻撃が武器ダメージの70%の三連撃を仕掛けた後に、10秒の間相手の防御力が5%減少するRend状態にする(なお一撃ごとに効果が重複するので、最大で15%減少する)

Rupturing Strikes

体力が50%以上ある敵に対して、一撃ごとのRend付与が5%から10%へと上昇する(最大で30%)

Impactful Strikes

三連撃すべてを命中させた際、相手はのけぞる

Vault Kick

棒高跳びのように槍を使った飛び蹴りを行い、75%の武器ダメージを与えた後に相手を1.5秒間スタン状態にする。(スタン攻撃はGRIT中の相手にも有効のため、使い勝手が良い)

また、槍にCarnelian系の挑発ジェムが装着されていた場合、被弾したモンスターは2秒間、この攻撃を仕掛けた相手へのヘイトが最優先となる。(要するにヘイトが稼げる)

Relentless Blows

被弾した相手の体力が50%以下の場合、自分はEmpower状態となり、5秒の間攻撃力が20%増加する

Continuous Motion

Vault Kick攻撃が成功した際、すべての槍スキルのクールダウンタイムが30%減少する。

 

その他バッシヴスキル

Precise Jabs:軽攻撃のクリティカル率が5%上昇

Refreshing Jabs:軽攻撃の連撃が成功した場合、すべての槍スキルのクールダウンタイムが10%減少する

Crippling Jabs:軽攻撃の連撃が成功した際、相手の体力が30%以下なら移動速度を3秒間30%低下させるデバフを付与する

Finishing Blows:体力が30%以下の敵に対するダメージが15%増加

Unerring Precision:Grit状態の敵に対するダメージが20%増加

Aggressive Maneuvers:回避をした後に2秒以内にスキル攻撃を成功させたとき、すべての槍スキルのクールダウンタイムが20%減少

Exacerbating Crits:クリティカルダメージを与えた際、敵に付与されている槍攻撃によるデバフおよび継続ダメージの効果時間が20%延長する

Exposed Wounds:出血中の敵に対するクリティカル率が15%上昇する

Exploited Weakness:敵にかかっているデバフ1つにつき攻撃力が10%上昇する(最大で30%まで)

 

 

 

おすすめの組み合わせについて

 

槍と弓のDEX特化火力職

 

お奨めの参考動画

Vault Kickのタイミングの良さや槍と弓を使い分ける距離感が絶妙に上手い。

 

 

弓をメイン火力にしつつ、槍で接近してきた敵を牽制する火力職

多彩なデバフと瞬間火力に恵まれた弓の独壇場を維持するための槍といった組み合わせだ。

中距離で最も威力を発揮しつつ不得意な近距離戦からも離脱ができる万能型

お奨めの槍スキルは、

PvEならSkewer, Perforate, Vault Kick、

PvPならJavelin,Sweep、Vault Kickの3つだ

PvEならSkewerやPerforateで相手にデバフを与えた後に弓で畳みかけ、

PvPなら接近してきた相手をSweepで転ばせた後にVault Kickでスタンさせ、

最後にJavelinで近距離ヘッドショットをして相手を吹き飛ばした後に、

距離をとり、再び弓で遠距離戦を開始するという戦法だ。

 

片手剣と槍のConstitution特化の盾職

 

片手剣&盾の防御基盤を補佐する槍として

自身の火力には期待せず、前線の盤面を維持するための盾職として戦う

基本的には敵が自分を攻撃している場合は片手剣&盾で耐え

敵が自分を攻撃しなくなったりしたら槍に持ち替えて範囲妨害攻撃を行うといった流れだ

お奨めの槍スキルは

Sweep,Vault Kick、Perforate

SweepやVault Kickで相手を妨害&挑発しつつ、

隙あらばPerforateで相手の防御力を低下させるデバフをばらまくこともできる

スタミナ維持を特化させるパッシヴスキルもいれて、防御に必要なスタミナ管理を強化するのも良い。

 

 

槍と両手斧のSTR特化妨害職

 

相手を吸い寄せることに定評のある両手斧と、

近接デバフに定評ある槍を組み合わせた、

妨害バラまき編成

両手斧のReapやMealstrum、Gravity wellといった吸い寄せ攻撃に槍のSweepやVault Kickを混ぜ、

相手の動きを完全に止めてしまう事を意識した組み合わせだ

お奨めの槍スキルは

Sweep, Vault Kick、Cycloneだ。

Cyclone? 相手を吸い寄せたのになんで弾き飛ばすの?

っと思う方へ、

Cycloneには相手の移動速度を3秒間50%減にする効果があることと、

相手が自分の背中に居た場合、こちらの味方のほうへ吹き飛ばせるということを頭に入れれば何を狙っているのかわかるかと思う。

また、Cycloneの吹き飛ばし効果は、Life StaffのSacred Groundといった範囲ヒールから相手を追い出すという効果もあるため、

上手く扱えるならPvPの憎い敵役になることができるわけだ。

 

 

 

槍についての当ブログからの解説および用法の説明は以上となる。

豊富な妨害スキルで相手を牽制しつつ、

自分に有利な間合いでの戦闘を維持させよう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です