NEW WORLD

【NEW WORLD】戦闘の基礎についての解説

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

New World のゲームシステムは独特であり、

既存のMMORPGに慣れている人でも多少の困惑が発生する。

ノンターゲティングシステムは今では珍しくもないが、

そのほかにも武器のシステムや防具の仕様といったものは、

初心者がとっつくには不可解なものが多い。

 

今回はそんな武器や防具の仕様についての解説をしていきたいと思う。

読者がお望みの解答ができていれば、筆者としての幸いだ。

防具について

防具の重量は、装備している頭、胴、手、脚、足、盾の6つの防具パーツの総重量によって決まる。

武器や荷物の重さは一切関係ない。

 

重さが13.0未満であれば、軽装

13.0以上23.0未満であれば、中装

それ以降は重装備と見なされる。

極端なことをいえば、

胴体に重装を着けていたとしてもその他の装備を外していれば、軽装扱いになる

無論、そんな装備編成に現実的なメリットはまずないが…。

 

因みに盾は、片手剣を装備している時にしかその効果を発動していないので、

片手剣を装備しないのであれば盾は重量の無駄になるので外してしまうほうがいい

もう重装になって重量なんか気にしないのであれば話は別だが…。

軽装

装備の総重量が13.0未満で軽装扱いとなる

後述する回避をした際の飛躍幅が最も大きく、

一回の回避で近接攻撃の間合いから抜けることができる

また、自分の攻撃力および回復力も20%上昇するため、

防御面以外での性能が突出している。

敵の攻撃をなるべく被弾せずに高火力を出したい時に向いている。

敵に攻撃されない位置から一方的に攻撃できる弓/マスケットなどがお奨めだろう。

お奨めの装備編成は、

胴体のみ中装で、あとは軽装にしてしまうこと。

実は全て軽装にすると若干の余裕が発生するので、

胴体を軽装から中装にしても12.7ぐらいでギリギリ軽装の域を出なかったりする。

 

中装

総重量が13.0以上、23.0未満で中装扱いとなる

回避幅は軽装と比べて少し落ちるがそれでもまだ近接職の間合いから外れる程度の回避力を有しているし、

何故か回避に必要がスタミナが50から40へと減少するため、一度に3回も回避ができてしまう。(DEXが150以上なら4回も回避ができる)

 

その他の効果としては、自身の攻撃力および回復力が10%上がるため、

防御力が上がる代わりに攻撃力が下がった軽装といった感じだ。

軽装の防御力では心もとない場合は、

攻撃力を犠牲にして防御力を得る中装のほうが良いかもしれない。

 

お奨めの装備編成は

頭:中
胴体:重
腕:軽
脚:重
足:軽

こうすればギリギリ22.9で中装扱いとなる。

足や腕、頭は胴体や脚装備に比べると得られる防御力は少ないため、

胴体と足を中装にするよりも、

胴体を重、足を軽装備にしたほうが効率は良い。

 

重装

装備の総重量が23.0以上で重装となる。

回避は最も鈍重な大股移動となり、

下手に回避するよりも素直に防御で敵の攻撃を弾いた方がマシになる。

一方で、防御時のスタミナ消費が15%減少したり、

ノックダウンやスタンといったクラウドコントロール(行動妨害)系のスキルの効果時間が20%増加する。

 

現状では重装の防御力は非常に強大であり、

軽装なら2,400ダメージは受けるところを、

重装なら3分の1の800ダメージ程度に抑えられてしまう

回避や防御に自信がなく、すぐに死んでしまう人はとりあえず重装にしてしまえば安泰だ。

攻撃手段について

軽攻撃(ライトアタック)

 

基本的な攻撃

デフォルトでは左クリックで攻撃を行う。

 

ダメージは大抵、武器の攻撃力のままである。

因みに武器の攻撃力はKボタンを押してAttributeの項目をみれば、

現在の武器攻撃力が表示されている。

 

発生が早く隙が少ないため、

敵へのけん制だったり連続攻撃で畳みかけたりとまぁいろんな場面でお世話になる。

武器によっては相手に吸い付いていく効果もあるため、

敵を追撃する際も地味に便利だ。

 

一方で防御をしている相手には弱く、

大抵は相手の防御を崩せない

 

重攻撃(ヘビーアタック)

 

攻撃ボタンを軽く長押しで発生させることができる大振りな攻撃。

武器によって威力が変わったりそもそもヘビーアタックができない武器も存在する

基本的には武器攻撃力の130%前後の威力となる。

 

発生までの隙は大きいが、

大ダメージが期待できること、

防御中の相手のスタミナにも大ダメージを与えられること、

そして大抵の武器が大幅な前身や弾速の上昇などの効果があるため、

発生さえしてしまえば受ける側がそれを回避するのは困難である

 

特に防御中の相手に与えるスタミナダメージは大きく、

武器によっては一撃で相手の防御を崩すこともできる

 

突撃(チャージアタック)

 

武器によっては突撃をすることもできる。

突撃は武器が自動的に相手を補足して接近と同時に非常に高い攻撃を仕掛ける大振りな攻撃方法だ

発生させるには武器が攻撃を発生させるまで攻撃ボタンを長押ししている必要がある。

 

ダメージは重攻撃よりもさらに強力でだいたい160%前後の威力

槍や両手斧なら5mぐらいまでなら吸い付いていき、

当然、防御中の相手には重攻撃よりも重いスタミナダメージを与える

 

最も隙が多い一方、

最も防御してはいけない攻撃なので、

相手は回避せざるを得なくなる。

頻繁にブロックを使う相手にとって、最も使われたくない攻撃だ。

 

ブロック/回避について

ブロックと回避は、基本的な防御手段だ。

まずは防御をする癖を身に着け、

その後に防御では対応できない攻撃は回避する癖をつけた方が良い。

 

防御も回避もせず、

攻撃ばかり行い、

自身の体力は防具とポーションを当てにする内はド素人である

 

ブロックについて

 

デフォルトで右クリックを押している間は防御状態となり、

正面からの攻撃をHPの代わりにスタミナ消費で防いでくれる。

なお、遠隔攻撃は基本的に防げない

片手剣&盾の装備時においてのみ、敵の遠隔攻撃も弾いてくれる

 

人はとにかく攻撃に熱中しやすくなるものだが、

まずは防御に慣れた方がいい。

というのも、攻撃とは何かと隙が発生するものであり、

何も考えずに攻撃をした場合、

その動きをよく見ている輩からすれば隙だらけなのだ。

 

そういった相手の隙を突けるプレイヤーに成れれば、

この先の冒険にしろ対人にしろ、常に有利な戦闘を展開していくことができる。

 

 

回避について

 

スタミナを50ポイント消費して前後左右のどちらかへ回避行動を行う。

デフォルトならShiftボタンで後ろに回避を行い、

右や左、前方に移動している状態でShiftを押せばその方向へ回避する。

 

一見すると便利で使い勝手が良いが、

実は非常にスタミナ消費が重く、

迂闊に消費すると逆に不利になる

 

回避とは基本、防御では受け流せない攻撃に対して行うものであり

余計な回避をしてしまうと、

防御よりも余計にスタミナを消費してしまい、

その後の敵からの攻撃に対抗する手段を失いやすくなる。

 

武器の属性について

攻撃にはそれぞれ属性があり、

その属性に対して有利な敵もいれば

不利な敵もいる。

 

また、対人戦でも防具や宝石によって属性による有利不利が変動する。

 

自分が相手に対して有利な属性を当てた時はオレンジ色で表示され、

逆に不利な攻撃を当てた場合は水色で表示される。

 

物理属性について

 

Slash(斬撃) The Angry Earthの属性の敵に+20%、一方でAncient Guardiansには-15%ダメージ
Thrust(刺突) The Corrupted及びBeastsに+20%、一方でThe Angry Earthとゾンビ系の敵には-15%
Strike(打撃) ゾンビ系に+10%、Ancient Guardiansに+20%、 一方でThe Corruptedに対しては-15%

 

魔法属性について

 

Arcane(秘儀) The Corruptedに対して+30%
Fire(火) The Angry Earthに対して+30%Ancient Guardiansに対して-30%
Ice(氷) ゾンビ系に対して+15%The Corruptedに対して-40%
Nature(自然) The Corruptedに対して+15%、 更にゾンビ系に対して+30%
Lightning(雷) Ancient Guardiansに対して+30%The Angry Earthに対して-40%
Void(闇) Ancient Guardiansに対して+15%、 ゾンビ系及びThe Corruptedに対して-40%

 

 

 

宝石を使った属性対策について

 

ルビーやアクアマリンといった宝石は

加工して装備の宝石を入れるスロットに装着すれば、

対応した属性に対する特殊効果を得ることができる。

 

武器にはめ込めば、攻撃属性を変更できるし、

防具にはめ込めば対応した攻撃属性への耐性を得られる。

 

自分がどの攻撃を扱うのが得意で、

逆にどの攻撃に対して打たれ弱いのかを知れば、

これらの宝石を使って調整を行い、

更に戦闘を有利にすることが可能となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です